ウルルの朝陽と夕陽に魅せられて・・

2018.05.17 Thursday 22:30
0

    シリア〜ノです。

     

    今朝は5時前に起きて、5時40分にツアーのバスに乗ってホテルを出発。

     

    ホテルに付いている朝食を食べることができないため、シリアルやクッキーやジュースなどを袋に詰めたものをフロントで受け取って・・

     

    他にもいくつかのホテルに寄ってツアー客をピックアップしてウルルに向かいました。

     

    6時半ごろにウルルに到着。

     

    バスから降りて、クッキーやコーヒーをもらって、徒歩でウルルに向かいます。

     

    IMG_0089.JPG

     

    IMG_0092.JPG

     

    IMG_0112.JPG

    遠くに見えるのがカタジュタです

     

    IMG_0117.JPG

     

    7時15分ごろにウルルの反対側からゆっくりと朝日が昇り始めると、ウルルのまわりの景色の色合いが少しずつ変化して・・

     

    濃紺の空が次第にブルーに変わり、地平線が赤紫色の光に縁どられ・・、青色と赤色のグラデーションが少しずつ変化して行くさまは、思わず息を飲むような美しさでした。

     

    1.jpg

     

    2.jpg

     

    3.jpg

     

    4.jpg

     

    5.jpg

     

    IMG_0119.JPG

     

     IMG_0121.JPG

     

    もともとこの辺り一帯は先住民族であるアボリジニが所有していた土地なのですが、それが開拓者によって奪われて観光化が進んでしまいました。

     

    それが、現在ではアボリジニの人たちに返還されアボリジニの聖地として敬意を表すようになり、この土地に入るにも入園許可が必要となり、以前はウルルに登ったりすることができたのですが、今では近くに近寄ったり登頂したりすることも禁止されるようになりました。

     

    後から来た者が奪ったものは、前の持ち主に返すのは当然なのでしょうし、そのおかげでこの神聖なエネルギーが維持されているのだと思います。

     

    まわりが明るくなった頃にバスに戻り、今度はカタジュタ(マウントオルガ)に向かいます。

    30分ほどでカタジュタに到着。

     

    IMG_0124.JPG

     

    IMG_0125.JPG

    カタカジュから眺めるウルルです

     

    IMG_0128.JPG

     

    IMG_0129.JPG

    さらに岩の間に向かって歩いて・・

     

    IMG_0132.JPG

     

    IMG_0134.JPG

     

    IMG_0140.JPG

     

    IMG_0146.JPG

     

    ここは「風の谷のナウシカ」のモデルとなったと言われる場所で、巨大な岩と岩の間を歩いているとそれも頷けます。

     

    IMG_0147.JPG

     

    10時前にはカタジュタを後にして、11時過ぎにはホテルに到着。

     

    部屋で少し睡眠をとって、2時過ぎにアラン&マリーと一緒に昨日と同じレストランでランチ。

     

    夕方の5時にホテルのフロントで待ち合わせて、ウルルを眺めながらディナーをとるツアーに出発。

     

    屋外のディナー会場には、10以上のテーブルが用意されていました

     

    IMG_0148.JPG

     

    ラクダに乗ってきているグループもいます

     

    IMG_0149.JPG

     

    IMG_0153.JPG

     

    IMG_0157.JPG

     

    IMG_0160.JPG


    ウエルカムシャンパンをいただいた後で、約10名でひとつのテーブルを囲んで、いろいろな話をしながら食事が始まって・・。

     

    IMG_0162.JPG
     

    IMG_0164.JPG

     

    陽が沈むにつれて、ウルルのまわりの景色の色合いが次第に変化して・・

     

    IMG_0166.JPG

     

    IMG_0169.JPG

     

    IMG_0172.JPG

    私たちのテーブルには、私たちとアラン&マリーのほかに、日本から来た一人旅の日本人女性、ハネムーンで来たイタリア人のカップル、シドニー在住の一人旅のイタリア人女性、オーストラリア人のご夫妻などが同席しました。

     

    国籍も年齢も違うのですが、話をするうちに親近感が芽生えてきて・・、きっとこれも深いご縁で結ばれているのでしょう。

     

    陽が落ちてしまうと、あたりは一面の闇に包まれて、空いっぱいに広がる星が急に輝きを増して・・

    南十字星や天の川もすぐ手が届きそうな感じがします。

     

    食事を終えてから、無数のLEDが輝くイルミネーションのフィールドを見学して、10時にはホテルに戻ってきました。

     

    IMG_0194.JPG

     

    IMG_0195.JPG

     

    明日は、朝4時半に出発して13時間かけてキングスキャニオンを巡るツアーに参加します。

     

    明日もどのような素敵な景色との出会いがあるか、今からとっても楽しみです。

     

     

    http://blog.livedoor.jp/julia7777/  ゆりあ〜なの旅ブログはこちらです。

     

     

    PS/昨日も素敵なコメントをほんとうにありがとうございました〜。

     

    とてもたくさんのバースデイメッセージをいただいて・・、とっても幸せな気持ちに包まれました〜。

    category:- | by:シリア〜ノ&ユリア〜ナ。comments(8) | -
    Comment
    遅ればせながら、ひろみ先生、お誕生日おめでとうございます☆
    そして、ウルルのとてもとてもステキな写真をありがとうございます。
    なんだか懐かしいような感じがして胸が震えました。
    アボリジニは「ミュータントメッセージ」という小説で知って、
    その小説もとても感動しました。
    ウルル、美しい場所なのですね。
    カタジュタがナウシカのモデルというのもとても納得の景色です。
    この先もよい旅になりますように♪
    • ゆうる
    • 2018/05/19 9:52 PM
    広海先生、ウルルのステキな写真をいっぱいありがとうございます(o^^o)
    私たち家族も去年行かせていただいたウルルとカタジュタ、本当に懐かしく見せていただきました。昔からず〜〜と行きたかったエアーズロックに旦那さんが連れていってくれて…旦那さんと2人で見たウルルの朝日はきっと一生忘れません。(子供たちは行きたくないとホテルで寝ていて2人でラブラブで行きました〜(笑))先生方が止まったホテルはプールだけ借りに行きました〜。碧はウルルよりもその綺麗なホテルのプールが一番の思い出のようです(^_^;)
    本当に懐かしく拝見させていただきました。
    ずっとサロンを開きたくて、名前はウルルに行く以前からうるるの風にしようと目標をたてています〜。なかなか目標達成できない私ですが諦めずくじけずふわふわ〜と頑張ろうと先生のお写真を見せていただきながらまた、気持ちを引き締めましたᕦ(ò_óˇ)ᕤ
    ステキな写真を本当にありがとうございました〜(*'▽'*)
    • うるるん
    • 2018/05/19 3:08 PM
    ブログを とっても とっても・ありがとうございます。

    素晴らしいくて とっても とても 素晴らしい景色・とても
    とっても ・ほんとうに ありがとうございます。
    いっぱい・いっぱい・送ってくださり・
    いっぱい いっぱい とても とても・とどけてくださり・
    ほんとうに とても とっても ありがとうございます。
    いっぱい・いっぱい とどいて・ とっても とても 素晴らしい気持ち・ とても すてきな しあわせ いっぱい・ いっぱいです。
    ほんとうに
    とても とっても・ ありがとうございます。

    ゆりあ先生・ひろみ先生・マリーさん・アランさん・
    とても とても ほんとうに ありがとうございます。
    みなさまのお写真・とっても とっても
    素晴らしい気持ち いっぱい とても しあわせ・たくさん たくさん なります
    とても・とても・ありがとうございます。

    ウルル・カタジュタ・お名前をお聞きしたことは あったのですが、全然知らないくて・素晴らしいくて・とても・とても・ありがとうございます。
    風の谷のナウシカ・ とっても だいすきで・ とても わくわく・いっぱい です〜
    カナリア諸島・小学校の頃・地図でみつけて とても ずっと 行きたいところでした。お名前みると とっても うれしくて しあわせ とっても うれしい いっぱい です
    すてきな出会い・とても すてきな気持ち いっぱい・いっぱい
    とても・ありがとうございます。
    お星様・とても とても 素晴らしそう〜とても とっても みてみたい〜わくわく とても うれしくて いっぱいです〜

    たくさん・たくさん・
    しあわせ・とても
    とても 愛・
    とても とっても・ありがとうございます。



    • 田代明日香
    • 2018/05/18 12:06 PM
    すごい〜〜すごい〜〜〜すごい〜〜〜
    感動でいっぱいです
    写真からでもこれだけの感動が伝わってくるのですから
    きっと現地にいったら鳥肌立ち続けるとことと思います
    ひろみ先生、とても素晴らしいお写真とエネルギーを
    届けてくださって本当にありがとうございます。
    • てんてん
    • 2018/05/18 9:54 AM
    たくさんの写真、ありがとうございま〜す。
    わぁ〜、おぉ〜!って、
    なんども感嘆の声が出てしまいました。 
    ウルル、そこにあるその姿、すごいなぁ。
    カタジュタ、アボリジニの方々の言葉のお名前でおぼえていきま〜す。 オーストラリアのホストファミリーと再会がしたくて、卒業前に再びオーストラリアを訪れた時、ウルルに来たことがありました。 地平線から地平線まで星空がある世界にも、心打たれました。
    オーストラリア、愛しく思える場所ができたこと、
    故郷を離れたこともあったからかもですが、
    本当にうれしくずっと思っています。

    大好きな方々との旅、うれしい出会いもある旅、
    ますますわくわく、すてきな旅をお祈りしています。
    • 美穂
    • 2018/05/18 8:45 AM
    広海先生〜、遅れてしまいましたが、お誕生日おめでとうございます☆
    ますますお元気に、幸せな一年でありますように☆

    いつも本当にありがとうございます。

    写真の景色、あまりにも素敵で、鳥肌が立ちました☆
    素敵なブログをありがとうございます。
    • 永井さっちゃん
    • 2018/05/18 8:38 AM
    広海先生〜ゆりあ先生〜ブログをありがとうございます!!

    ウルル懐かしいです〜。
    今から13年前、ちょうどアロマを始めた年に夫と行きました。

    その頃は、まだ、アボリジニの方達に返還されていなくて
    ウルルに登っている人がたくさんいました。
    見ていてせつない感じでしたが、今は返還され
    近くへも寄れないということで、よかったです〜。

    何と言っても、アボリジニの方達の聖地ですものね。

    あの時は、夫がテントの旅がしたい、と言いだし・・・ウルルから少し離れた所にテントを張りました。
    1日目。お尻が痛くて(泣き)全く眠れず。。。
    2日目。順応して爆睡の私。。。
    我ながら・・なんとも、たくましかったです。

    でも、もう、20代のあの頃と違い・・40代ですから。。。
    ゆりあ先生や広海先生のような旅がしたいです〜☆

    ラクダに乗るツアーもあるのですね!
    すごいです〜。

    明日からの旅もすてきな旅になりますように〜。

    遅ればせながら、、広海先生お誕生日おめでとうございました!!!
    • あやきち
    • 2018/05/17 11:36 PM
    素晴らしいブログ、ありがとうございます☆
    とっても行きたいです〜!
    マリーさん、アランさん のお写真もありがとうございます〜m(_ _)m
    • いがわまさこ
    • 2018/05/17 11:07 PM








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    What time?
    Selected entry
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM